CSR(CorporateSocialResponsibility)

企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち
あらゆるステークホルダーからの要求に対して適切な意思決定をすることを指す。

1.能力・品質向上
2.安全衛生管理
3.情報セキュリティー
4.環境・奉仕活動

1.能力・品質向上

□社員研修・育成

年2回(年始・夏季)厳しい社員研修を自社内で行い、自律・全力・連帯・感謝の精神を養う。

研修カリキュラム 研修の様子 研修の様子 研修の様子
□技術訓練・試験

毎月1回の技術訓練・年3回の昇級試験を開催し、全社員の技能・能力向上を図る。

□資格取得推進

技能向上委員会による資格取得計画・有資格者一覧の作成・費用面での補助・資格手当の厚遇により社会が認める技能者の育成。

2.安全衛生管理

委員会組織図

□安全大会・安全教育

□安全品質員会による事故例周知・検討・ポスター作成

夏季・冬季安全大会の開催、安全具の点検・メンテナンス
危険体感実習・ビデオ回覧など

安全教育の様子 安全教育の様子 安全教育の様子

3.情報セキュリティー

情報セキュリティー教育・社内ルール

□情報セキュリティー教育

□社内ルール制定

 

4.環境・奉仕活動

□環境への取組

クリーンエネルギーの導入・照明器具のLED化・電力使用のピークシフト
ゴミ廃棄物の徹底分別・リサイクル

□奉仕活動

周辺地域の清掃・雪かき

照明器具のLED化 電力使用のピークシフト ゴミ廃棄物の徹底分別 周辺地域の清掃